文化振興推進を図るための助成制度の概要は次のとおりです。

Ⅰ 文化創造・発信事業助成、Ⅱ 文化団体活動助成

区民や団体による「中央区らしさ」を有する文化を創造・発信する文化事業及び区民等に文化の振興・発信などを定期的に行っている文化団体の活動に対して助成を行います。

 

【平成29年度募集のお知らせ】 ※募集は終了しました。

募集期間  平成29年10月10日(火)から平成29年11月24日(金)まで

助成限度額
文化創造・発信事業 200万円(自己負担1割)
文化団体活動     40万円(自己負担5割)
「募集チラシ」はこちら>>
「募集要項」はこちら>>

「申請様式」は、下記よりダウンロードしてご利用ください。
(1)文化創造・発信事業助成金
ア 申請書(第1号様式)
イ 概要書(第2号様式甲)
ウ 計画書(第3号様式甲) 
エ 収支予算書(第4号様式甲) 
(2)文化団体活動助成金
ア 申請書(第1号様式) 
イ 概要書(第2号様式乙)
ウ 計画書(第3号様式乙) 
エ 収支予算書(第4号様式乙) 

平成29年度 文化推進事業助成 決定事業

平成29年度に募集したところ、文化創造・発信事業6件及び文化団体活動2件の応募があり、審査会の審査を経て、下記のとおり文化創造・発信事業4件及び文化団体活動2件について、助成を行うことに決定しました。

【文化創造・発信事業助成】4件

日本橋オペラ「イリス」公演

団体名 日本橋オペラ研究会
概 要 オペラ「イリス」(マスカーニ作曲)の舞台、江戸吉原ゆかりの地である中央区内で、室内オペラ(ピアノ版)として初上演される。中央区発の総合舞台芸術として、イタリアオペラを身近に鑑賞してもらうため、子どもたちや区民を対象に入場料金を比較的低廉に抑えるとともに、公演前の練習(立ち稽古(げいこ)等)を区民に公開し、オペラの制作の現場に間近で触れられる機会を提供していく。
実施時期 平成30年5月27日(日)
実施場所 日本橋公会堂ホール(日本橋劇場)

 

2018年築地居留地設置150周年記念・第11回外国人居留地研究会全国大会in築地

団体名 NPO法人築地居留地研究会
概 要 平成30年は築地居留地設置150周年に当たり、外国人居留地研究会全国大会を中央区築地で開催する。築地居留地を紹介するビデオをケーブルテレビと共同作成し、区内の図書館・学校に地域資料として提供する。また、ビデオには、築地居留地を舞台にした人気マンガのキャラクターを使用するなど誰もが楽しめる内容を目指す。
大会当日は、講演会やエクスカーション(無料公開)を開催するほか、パンフレット・チラシ・居留地マップを作成し、後援協賛団体に広く配布する。
実施時期 平成30年11月3日(祝土)~11月4日(日)
実施場所 聖路加国際大学、築地居留地跡地等

 

第11回中央区まるごとミュージアム「お子様から大人まで一日まるごと音楽日和♪」
① 「音楽日和」Vol.4with「啓声会」(仮題)
「銀座・王子ホールでコンサート会場デビュー!!」
~華麗な室内楽&オペラの名曲~
② 「こどものはじめてコンサート」Vol.3(Baby Car 40台OK)&
  「ちびっこカメラマン☆はじめて写真展」

団体名 べらぼおちぇ
概 要 これまでの音楽活動の中で区民等からいただいた「近隣でオペラを見てみたい」「本格的ホールで質の高い演奏を聴いてみたい」との声を受け、次回開催の中央区まるごとミュージアムで、下記①の文化事業者として参加する。
また、マナーの良い聴衆を育成し、音楽を愛する大人になってもらうため、演奏会への敷居を低くした、下記②のコンサートを開催する。
① 小学生以上を対象に「華麗な室内楽のオペラの名曲」演奏会の開催
② 「こどものはじめてコンサート」の開催など
同時に小学生以下の子どもが撮影した写真なども展示する。
実施時期 平成30年4月1日~平成31年3月31日
次回の中央区まるごとミュージアムは、平成30年11月4日(日)開催予定
実施場所 上記①:銀座・王子ホール、②:日本橋社会教育会館ホール

 

『心に残る・未来に残したい月島百景~第1集~』

団体名 一般社団法人和のたしな美塾
概 要 「心に残る月島の風景とエピソード」「後世に残したい・語り継いでほしい月島の姿」というテーマで、月島の魅力を再発見し、先人の知恵や思いを知るきっかけとなるような映像作品群の制作を行う。
映像は、「昔の写真」「地元の高齢者の話」から構成され、エピソードにまつわる追加素材(取材)を加え1話当たり5分程度の作品を1年間に6話制作し、ホームページなどで情報発信を行っていく。
また、志村芝浦工業大学教授の協力を受け、講演会の開催やビデオ上映会を佃区民館などで開催する。
実施時期 平成30年4月1日~平成31年3月31日
実施場所 和のたしな美庵、佃区民館等

 

【文化団体活動助成】2件

中央区交響楽団第24回定期演奏会・2018冬のコンサート

団体名 中央区交響楽団
概 要 平成6年にアマチュア・オーケストラとして設立され、区立社会教育会館等を拠点に年間を通じて練習を重ね、区内コンサートホール等で定期的に演奏活動を行っている。クラシック音楽を区民が気楽に楽しめることができるように、毎年定期演奏会(5月)や冬のコンサート(11月)、団員有志による室内楽演奏会(8月)を開催するほか、中央区第九の会(11月)への出演なども行っている。
実施時期
第24回定期演奏会 平成30年5月20日(日)
2018冬のコンサート 平成30年11月10日(日)
実施場所 第一生命ホール(晴海アイランドトリトンスクエア内)

 

わがまちの三世代を越えて心をつなぐ音楽活動-中央区第九記念合唱団の活動を通して-

団体名 NPO法人中央区第九記念合唱団
概 要 ベートーヴェン作曲・交響曲第9番の年末演奏会は、日本人により歌舞伎座で初演(昭和13年)された。その歴史を踏まえ、区民参加により歌舞伎座での再公演等を目的に、平成19年に本合唱団が設立された。その後同年12月には晴海トリトンスクエアで、翌年4月には歌舞伎座公演を挙行し、以降区内在住・在勤者等による三世代参加型の合唱団として、毎年晴海トリトンスクエア等で公演(無料)を開催している。
現在、合唱団創設10周年を記念して制作したオリジナル組曲「-中央区賛歌-うたのふるさと・わがまち」等の記念公演(平成30年3月25日築地本願寺本堂で開催予定)に向けて準備を進めている。
今後は、この組曲を区立学校への出前コンサート等で発表するなど、周知に努め、中央区への理解・愛着心を深める活動に取り組む予定である。
実施時期
実施場所
中央区第九の会―トリトンスクエア公演―
平成30年12月中旬 晴海アイランドトリトンスクエア内
出前コンサート(区内小中学校) 平成30年7月中旬

(注)上記6団体の事業等の実施時期・場所については、変更になることがあります。

平成28年度 文化推進事業助成 決定事業

平成28年度に募集したところ、文化創造・発信事業10件及び文化団体活動1件の応募があり、審査会の審査を経て、下記のとおり文化創造・発信事業4件及び文化団体活動1件について、助成を行うことに決定しました。

【文化創造・発信事業助成】4件

築地場外市場「築技」動画制作(映像化)プロジェクト

団体名 NPO法人築地食のまちづくり協議会
概 要 「腕の上がる食のまち」づくりを進める築地場外市場で、ひとつの合い言葉が生まれた。それが築地市場の人々の技術を総称する「築技(つきわざ)」という言葉である。職人であり目利きである築地の人々の磨かれた技などを映像化し築地から世界に発信するため、5本の動画を作成、HPや場外市場内の案内所等で公開(1月~)する。
また、英語・中国語にも翻訳し、YouTube等も活用し世界に発信する。
実施時期 平成29年4月1日~平成30年3月10日
実施場所 築地場外市場で撮影、公開はHP、YouTube及び場外市場内の案内所等

 

合唱組曲「中央区讃歌」プロジェクト

団体名 NPO法人中央区第九記念合唱団
概 要 わがまちの歴史を再認識したり、語り継ぎ、歌い継いでいくことで郷土愛が育まれるよう、合唱団創設10周年を記念しオリジナルの合唱組曲を制作する。合唱・室内オーケストラ・パイプオルガン・ピアノ・和楽器などの編成により、ストーリー性のある合唱ドラマ形式で30分強の作品として演奏会を開催する。
実施時期 平成29年4月1日~平成30年3月25日
演奏会:平成30年3月25日(日)
実施場所 築地本願寺本堂

 

新富座こども歌舞伎10周年公演

団体名  「新富座こども歌舞伎」の会
概 要  団体創立10周年を迎え、鉄砲洲稲荷神社の例大祭にあわせ、隣接の鉄砲洲児童公園内に特設舞台を設け、奉納こども歌舞伎公演を行う。より華やかな舞台をより多くの方に鑑賞してもらうことにより、歌舞伎の良さ・面白さを伝えたい。今回はこれぞ歌舞伎といえる演目「菅原伝授手習鑑 車引き」と、当地にあった芝居小屋「新富座」の開場式で初演された「元禄花見踊り」の初上演を含めて公演する。
実施時期 平成29年4月1日~5月5日
10周年公演:5月5日(土・祝)
実施場所 中央区立鉄砲洲児童公園

 

次世代の子どもたちにつなげよう浜町音頭(保存会70周年記念事業)

団体名 浜町音頭保存会
概 要 大震災の復興事業による浜町公園の竣工(昭和4年7月)を記念し浜町音頭が誕生。その後戦災で中断されたが、地元の人々により復活させ、昭和23年には保存会が結成された。平成30年に結成70周年を迎え、子どもたちに難しいといわれる踊りと三味線を習得・育成する取り組みを新たに行う。伝統ある音頭を継承していくため、専門家(人間国宝等)による稽古などを重ね、その仕上げに日本橋劇場で発表会を開催する。
実施時期 平成29年4月10日~平成30年1月28日
70周年記念公演:平成30年1月28日(日)
実施場所 日本橋公会堂ホール(日本橋劇場)

 

【文化団体活動助成】1件

中央区交響楽団第23回定期演奏会・2017冬のコンサート

団体名 中央区交響楽団
概 要 平成6年にアマチュア・オーケストラとして設立され、区立社会教育会館等を拠点に年間を通じて練習を重ね、区内コンサートホール等で定期的に演奏活動を行っている。クラシック音楽を区民が気軽に触れることができるように未就学児を連れた入場者の優先席を設けるなどにより、毎年定期演奏会(5月)や冬のコンサート(11月)を開催するほか、中央区第九の会への出演なども行っている。
実施時期
第23回定期演奏会  平成29年5月21日(日)
2017冬のコンサート 平成29年11月19日(日)
実施場所 第一生命ホール(晴海アイランドトリトンスクエア内)

 

Ⅲ 文化推進事業助成

区民等が主体的になって行う、地域文化の振興や伝統文化の継承・保存等を目的とした文化事業に対して助成します。
助成限度額:10万円(自己負担5割)
助成金の交付を希望される方は、事前に協会まで相談ください。

 

お問合せ先

中央区文化・国際交流振興協会
〒104-0041 中央区新富1-13-24新富分庁舎内
電話:03-3297-0251 FAX:03-3297-0253
E-mail: bunkoku@chuo-ci.jp