「没後50年 藤田嗣治展」関連文化講演会

 

東京都美術館で開催される「没後50年 藤田嗣治展」に関連する文化講演会を、NHKと共催で開催します。
2018年は、エコール・ド・パリの寵児(ちょうじ)のひとりであり、太平洋戦争期の作戦記録画でも知られる藤田嗣治が世を去って50年目にあたります。この節目に、日本はもとよりフランスを中心とした欧米の主要な美術館の協力を得て、画業の全貌を展覧する大回顧展が開催されます。本展では、藤田の代名詞ともいえる「乳白色の下地」による裸婦の代表作が一堂に会するだけでなく、初来日となる作品やこれまで紹介されることが少なかった作品も展示されるなど、見どころが満載の展覧会です。

 
日時 平成30年8月30日(木) 午後6時50分開演(午後6時20分開場)
会場 日本橋公会堂ホール(日本橋劇場)中央区日本橋蛎殻町1-31-1
地図はこちら(電子マップ「ちゅうおうナビ」へ)
対象者 区内在住・在勤者
講師 下倉 久美(東京都美術館 学芸員)
定員 424人(申込多数の場合は抽選)
費用 無料
主催 中央区文化・国際交流振興協会 / NHK
申込方法 7月31日(火)(必着)までに、
返信用の宛名欄に〒・住所・氏名を記入した
往復ハガキ(1人1枚限り)に          

  1. 藤田嗣治展講演会
  2. 氏名・ふりがな
  3. 〒・住所
  4. 電話番号
  5. 年齢
  6. 在勤の方は勤務先の名称・所在地・電話番号
    を記入して申し込む。

《料金不足の往復はがきは返却となります。
また、申込み要件不備、重複申込み、必着日を過ぎたものは無効とします。》

  講演会受講者には、「没後50年 藤田嗣治展」の招待券を1人1枚差し上げます。
会期:平成30年7月31日(火)~10月8日(月・祝)、開室時間:9:30~17:30
※会期中の金曜日は20:00まで、8月3日・10日・17日・24日・31日の各金曜日は21:00まで(入室は閉室の30分前まで)休室日:月曜日、9月18日(火)・25日(火)《ただし、8月13日、9月17日・24日、10月1日・8日の各月曜日は開室》
会場:国立西洋美術館
展覧会の詳細はこちら>>http://foujita2018.jp/

チラシ

没後50年_藤田嗣治展関連文化講演会web用
 

申込み・問合せ先

中央区文化・国際交流振興協会
〒104-0041 中央区新富1-13-24 新富分庁舎内
電話:03-3297-0251