特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」関連文化講演会

東京国立博物館で開催される特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」に関連する文化講演会を、NHKと共催で開催します。
本展は、空海にまつわる数々の名宝をはじめ、東寺に伝わる文化財の全貌を紹介するものです。空海が作り上げた曼荼羅の世界を体感できる講堂安置の21体の仏像からなる立体曼荼羅のうち、史上最多となる国宝11体、重要文化財4体、合計15体が出品されるほか、彫刻、絵画、書跡、工芸など密教美術の最高峰が一堂に会します。東寺が1200年にわたり、空海の教えとともに守り伝えてきた至宝を紹介します。

 
日時 平成31年4月10日(水) 午後6時50分開演(午後6時20分開場)
会場 日本橋公会堂ホール(日本橋劇場)中央区日本橋蛎殻町1-31-1
地図はこちら(電子マップ「ちゅうおうナビ」へ)
対象者 区内在住・在勤者
講師 西木 政統(東京国立博物館 研究員)
定員 424人(申込多数の場合は抽選)
費用 無料
主催 中央区文化・国際交流振興協会 / NHK
申込方法 3月18日(月)(必着)までに、
返信用の宛名欄に〒・住所・氏名を記入した
往復ハガキ(1人1枚限り)に                   

  1. 国宝東寺講演会
  2. 氏名・ふりがな
  3. 〒・住所
  4. 電話番号
  5. 年齢
  6. 在勤の方は勤務先の名称・所在地・電話番号
    を記入して申し込む。

《料金不足の往復はがきは返却となります。
また、申込み要件不備、重複申込み、必着日を過ぎたものは無効とします。》

  講演会受講者には、特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」の招待券を1人1枚差し上げます。
会期:平成31年3月26日(火)~6月2日(日)
開館時間:9:30~17:00※会期中の金曜・土曜は21:00まで開館
休館日:月曜日、5月7日(火)※ただし4月1日(月)「東寺展会場のみ開館」・29日(月・祝)、5月6日(月・休)は開館
会場:東京国立博物館 平成館
展覧会の詳細はコチラ→
https://toji2019.jp/index.html   

 

 

 

申込み・問合せ先

中央区文化・国際交流振興協会
〒104-0041 中央区新富1-13-24 新富分庁舎内
電話:03-3297-0251